ニキビの治し方研究所

ニキビの治し方と対策方法はこのサイトで。おでこの小さなブツブツや背中ニキビなどおすすめの市販薬や口コミやランキングでも話題のニキビケア商品も紹介。

*

お尻の黒ずみの原因と、その対策

   

お尻の黒ずみの原因
肌の色が微妙にまだらになっていることってありませんか?
別に紫外線に当たるような場所ではないのに、
ふと気づくとお尻やヒジ、ヒザなどが部分的に黒ずんでいる・・・。
それは、もしかしたら色素沈着によるシミかもしれませんよ。

黒ずみができる原因

お尻やヒジやヒザなど、特にぶつけた覚えもないのに
黒っぽく黒ずんでいる人って、けっこういるようですね。

しかも厄介なことに、それらは気付いてからだとなかなか改善しないという特徴があります。
というのも、黒ずみができる原因には、以下の条件が重複しているからだろ言われています。

・伸ばしたり縮んだりして、皮膚を酷使する場所
 まさにヒジやヒザはこれに当てはまりますよね。
 また、お尻と太ももの境目も、伸縮される場所であるため黒ずみができやすくなっています。

・体重を小さな面積で支えている場所
 あなたはテーブルにヒジを付いてアゴを乗せたり、
ヒザ立ちの格好のまま部屋を移動することはありませんか?
 これらの動作は、皮膚が薄く伸びきっているところへ、
さらに体重が掛かるために肌細胞への大きなダメージとなります。
 すると、肌のターンオーバーが滞り、
皮膚は固くゴワゴワしてメラニン色素が排出されずに
沈着して黒ずみとなってしまうのです。

・骨の出っ張りに沿って黒ずむ場合
 特にお尻は、「座る」という姿勢をするために、
骨盤にある「座骨」という逆三角形に尖った部分で上半身の重さを支えています。
 すると、そこにあるお尻の皮膚は加齢と共に分厚くなり、
メラニン色素による黒ずみが濃くなっていきます。

黒ずみを作らない対策

黒ずみを作らない対策
黒ずみはシミと同じなので、できてしまうと
肌のターンオーバーが整うまで、なかなか薄くなってくれないのが困りもの。

そこで、すでに黒ずんでいる部分はゆっくりと時間をかけて、
角質層を整えターンオーバーを促すように根気よくケアをしつつ、
もうそれ以上の黒ずみを作らないことが大切なポイントとなってきます。

黒ずみを作らないようにするためには、以下のことに気を付けましょう。

・所作を意識する
 ヒジをついてアゴを乗せたり、ヒザ立ちで移動するというのは、
あまり行儀の良い仕草ではありませんよね。
 ちょっと面倒でも、しっかり立ち上がって部屋の中を移動したり、
頬杖を付く習慣などを意識して直しましょう。

・座る時に一工夫
 固い床や椅子に、継続的に座っているとお尻の黒ずみは
いつまでたっても消えないどころか、年齢と共にどんどん面積が広がってしまうかも。
 そこで、座る場所にお尻を保護できるクッションや、
座り心地の良い椅子を使うなど一工夫していきましょう。
 また、正座もお尻の黒ずみ対策だけでなく、
下半身のむくみ対策にも同時に効果があるので、
たまには背中を伸ばしてきちんと正座で過ごすのもいいものだと思います。

・黒ずみケアができるコスメを使う
 黒ずみに効果的なのは、メラニン色素に対して有効な美白成分が含まれていることと、
ターンオーバーを促して角質ケアもできるものを使いましょう。
 また、同時に肌の引き締めや保湿ができれば、さらに効果的ですよね。

お尻の黒ずみの原因を取り除いて、
きれいなお肌を取り戻しましょう!

 - おしりニキビ , ,