ニキビの治し方研究所

ニキビの治し方と対策方法はこのサイトで。おでこの小さなブツブツや背中ニキビなどおすすめの市販薬や口コミやランキングでも話題のニキビケア商品も紹介。

*

おしり ニキビ跡

   

おしり ニキビ跡
ご存知でしたか?
おしりはニキビができやすい場所としては、
顔や背中と並んで堂々と上位に入っている場所だったということを。

自分のおしりがニキビやニキビ跡、出来物などで汚くて
人に見られたくないという悩みを持っている女性は、大勢いるようです。

顔のニキビやニキビ跡なら、メイクで隠すこともできますが、
おしりや背中はそうはいきませんよね。

やはり、頼れるボディー専用の中でも角質層の厚いおしりに有効なケアクリームを使って、
毎日のおしりスキンケアをすることをお勧めします。

おしりのニキビ跡の種類

・炎症性ニキビ跡
 ニキビが炎症を起こしてしまったその後、まだ赤く残っている状態です。
 この状態の時に、同じような場所に新しいニキビができると、
肌細胞は繰り返すダメージに耐え切れず、
色素沈着を始めて本格的なシミになる可能性があります。
 炎症を鎮める成分の入っているクリームでケアしましょう。

・色素沈着
 ニキビ跡と呼ばれる中でも、メラニン色素によって引き起こされる、
いわゆるシミとなっていくものです。
 顔にこの色素沈着のニキビ跡が残ると悲惨ですが、おしりだって同じこと。
 美白成分の入っているクリームでシミの予防をしていきましょう。

・クレーター状のニキビ跡
 おしりにだって、凸凹のクレーター状のニキビ跡ができるんです。
 この状態に至るまでは、かなり激しく繰り返し炎症性ニキビができていたはずです。
 クレーター状の跡ができてしまうと、セルフケアでの改善が困難になるので、
普段からのニキビケアを習慣にしましょう。

・固くなったニキビ跡
 やや盛り上がって、そのまま固くなってしまったニキビ跡ですが、
おしりに残りやすいもののひとつです。
 セルケアでは治すことが難しいニキビ跡といえるでしょう。
 こちらも炎症性のニキビが繰り返し出来たことによる、細胞の角化なので、
ニキビを繰り返さないことが作らない最大の防御となります。

おしりのニキビ跡は残る!?

おしり ニキビ跡
おしりにすでにニキビ跡ができている場合、
もうそれ以上は作らないという考えで、
ニキビ予防のおしりケアをしていきましょう。

おしりのニキビ跡のうち、残る可能性が高いのは凸凹になったクレーター状のものや、
角化したしこりタイプのものです。
これらは皮膚の深部にまでトラブルが及んで、細胞が変化しているので、
すでにセルフケアではどうにもならないことが多いようです。

これらを治すには、皮膚科治療やエステサロンなどの専門施設へ行くことをお勧めします。

汚いおしりというのは、つまりはこのような
ニキビやニキビ跡を放置しているおしりのことでもありますよね。
ニキビ跡がまだ軽いうちに、自分でできるおしりケアで
後悔を残さないようにしましょう!

 - おしりニキビ , ,