ニキビの治し方研究所

ニキビの治し方と対策方法はこのサイトで。おでこの小さなブツブツや背中ニキビなどおすすめの市販薬や口コミやランキングでも話題のニキビケア商品も紹介。

*

おしりニキビの予防

   

おしりニキビができる条件

04ec68187e42fa07cbd167b1b9f15e39_s
おしりニキビができる原因や条件は、
顔や背中にできるニキビとあまり変わりません。

・毛穴が詰まりやすい
・皮脂の分泌が激しくなる
・乾燥状態が続いている
・生活習慣が原因している
・ホルモンバランスが乱れている

これらの条件の他に、おしりならではの環境が
ニキビを作りやすくしている問題もあります。
というのも、おしりは1日中ほとんど衣類に覆われているため、
その生地の繊維から受ける影響が大きくなります。

おしゃれでカワイイ下着は、
テンションが上がってメンタル面では良い効果がありますが、
材質やデザインによってはおしりに負担をかけて、
醜いニキビやガサガサ、黒ずみなどの原因になる可能性も。

また、おしりは座ることによって皮膚が厚くなってしまうという、
どうしようもない条件にさらされているので、
加齢と共におしりの肌のターンオーバーは周期が遅れてきます。

このような条件を踏まえて、
具体的なおしりのニキビなどの予防ケアをしていきましょう。

どうすればきれいなおしりでいられるの?

987eb9bc7840078e686a8c546e4b2a51_s
まずは、おしりの外側の環境を整えて予防していきます。

・普段の下着は化学繊維の生地ではなく、
肌にやさしいコットンを選ぶと良いでしょう。
・ワイドな下着で、おしりをすっぽりと包み込むデザインのものがお勧めです。
・ストッキングやパンツなどで蒸れやすい時には、
取り換え用の下着を用意して履き替えると対応できます。

外側からの刺激で盲点となりやすいのが、
洗濯の時に衣類に残っている洗剤カスや過剰な柔軟剤です。

それらが衣類の生地に大量に残っていると、
おしりに限らずですが常に密着しているお肌に悪影響を及ぼすことがあります。

特に近年ではアトピーのトラブルも多く、
洗濯洗剤や柔軟剤に気を使う人が多くなっているといいます。

そしてもうひとつ、大切なのは身体の内側からの予防です。

・甘いものや質の悪い脂質を多く摂ると、
皮脂のコントロール機能が狂って過剰に分泌されてしまいます。
・睡眠不足やストレスは、ニキビだけではなく、
あらゆる肌トラブルの原因に繋がるので、十分な睡眠とストレス発散で予防しましょう。
・適度な運動で基礎体温を上げて冷えやすいおしりの末梢血管まで、
十分な血液を運べるようにします。

ニキビケアやニキビ予防は、外側と内側のケアバランスが大切ですよね。
それはおしりのニキビ予防でも同じことが言えます。
ニキビはできるまえからしっかり予防しておくことが、最善のケアといえるでしょう。

 - おしりニキビ , ,