あなたは何歳からニキビができ始めましたか?
10代であれば「思春期ニキビ」、20歳過ぎると「大人ニキビ」と呼ばれていますよね。
どちらにしてもニキビは、早く治したいと思う肌トラブルナンバー・ワンではないでしょうか。
そんなニキビのケアについて、あなたはどこまでご存知でしょうか?

ニキビと肌質

肌質とニキビは関係あるのでしょうか?
答えは「NO」です。
というのも、ニキビはどんな肌質の人でも、条件が合えばできてしまうものだからです。
では、肌質別にニキビができる条件と、ニキビケアについて見ていきましょう。

・オイリースキン
 いつも皮脂の分泌が激しく、すぐにテカってしまう肌は主に10代に多いのが特徴です。
 その原因は、ホルモンバランスにあり、
成長の時期に出てくる成長ホルモンも原因の一つだと言われています。
 そんなオイリースキンにニキビができる条件とは?
 洗い過ぎ:テカりを気にして洗ってばかりいると、
肌の健康を守る菌まで洗い流して防御力が低くなってしまいます。
 ニキビケア:マイルドな洗顔とその後の保水を意識しましょう

・ノーマルスキン
 「混合肌」とも呼び、TゾーンとUゾーンで肌質が微妙に違うのがこのタイプです。
 ノーマルスキンといっても、ドライ部分とオイリー部分の差が激しい人は、ニキビ肌に陥りやすいようです。
 というのも、間違ったスキンケアで自らニキビ・ループへ入ってしまうというのです。
 偏ったスキンケア:ついオイリースキンに合わせたケアをしてしまうようですが、
それがドライスキンを進行させ、乾燥ニキビを作ることになっているかも。
 ニキビケア:Tゾーンには保水、Uゾーンには油分を意識しましょう。

・ドライスキン
 20代も半ばになるとほとんどの人が、このドライスキンになっていきます。
 それなのに、つい習慣でオイリースキンのケアを続けて肌トラブルを作ってしまうことも。
 また、肌表面がテカっているからといって、必ずしもオイリーとは限らず、
内側がカラカラに乾いているインナードライかもしれません。
 間違ったスキンケア:インナードライに気付かずオイリー用のコスメを使っていたり、
潤いを与え過ぎて肌機能を低下させていることも。
 ニキビケア:洗顔や発汗後は、必ず保湿を意識しましょう。

ニキビができる場所

ニキビができる場所は、顔だけでなく
基本的に皮脂腺のある毛穴がある場所なら体中どこでもできてしまいます。
とはいえ、ヒジ下やヒザ下にできるのはごく稀で、ほとんどは身体の中心部分に多くできます。

その中でも、顔や首などは露出している部分なので、
どうしても優先してニキビケアをすることになるようですが、
身体にできているニキビを後回しにしていると、取り返しのつかない汚い肌になってしまう可能性も!

ニキビケアについては、その場所や肌質に合わせたケアが大切になってきますよね。

ニキビの治し方

ニキビはできる前の予防が大切ですが、
すでにできてしまったニキビに対してはどのようにすればいいのでしょう。
というのも、ニキビ肌への意識は、
残念なことに一度ニキビができてみないことには、なかなか実感が沸かないのも事実。

そのため、ニキビケアを考えている人のほとんどが、
まずは何よりできてしまったニキビの治し方を知りたいというのが本音のようです。
では、ニキビの治し方の基本をご紹介しましょう!

悪化させない

今あるニキビの状態を、これ以上悪化させないことが
ニキビを治すためには、何よりも大切です。
では、どのようなことで、ニキビが悪化してしまうのでしょうか?

知らず知らずにやっていたスキンケアや日常の癖が、
その原因になっているかもしれません。

・洗い過ぎはダメ
 ニキビを早く治したくて、洗顔を1日に何回もやっていませんか?
 皮脂汚れはニキビの大敵ですが、それを全部洗い流してしまっては、肌は無防備な状態になってしまいます。
 適度な皮脂があることで、肌の常在菌のバランスが保たれ、健やかな角質に戻そうとするサポートができます。

・擦り過ぎはダメ
 ニキビの治し方では、汗をかいたり蒸したときには、
すぐにタオルやティッシュで拭うよう勧められていますが、
そのやり方は間違っていませんか?
 汗を拭くやり方は、ゴシゴシ擦るのではなく、
タオルなどをそっと当てて繊維に汗を吸わせるようにしましょう。
 当然、強く押し付けるのもニキビが悪化する原因になるので気を付けてくださいね。

・触り過ぎはダメ
 ニキビは気になり始めると、ついつい指で触って確認してしまう悪癖が付くことが多いようです。
 そのため、手や指先に付着しているばい菌をニキビに移して炎症を起こしたり、
さらにひどい状態へと悪化させてしまうことに。

増やさない

ニキビはでき始めると生活習慣の悪循環が連鎖して、
どんどん増えてしまう可能性があります。
1つでもニキビができたらまずは生活習慣を見直してみましょう。

・睡眠
 短期的な睡眠不足よりも、ダラダラと続く長い期間の睡眠不足の方が、ニキビをできやすくします。
 また、睡眠時間がバラバラだったり、質の良い睡眠が取れていないとニキビが増えてしまいます。

・食事
 自己流ダイエットで、知識がないまま食事制限をすると、
ニキビを治すのに必要なビタミンやミネラルが不足してしまい、肌荒れを併発してしまうことも。
 逆に、甘いものや油を多く食べる習慣のある人は、
健康のためにも早いうちからそれらを控えることに慣れておくと得ですよね。

・ストレス
 ストレスが長引くと大人ニキビだけでなく、思春期ニキビにも影響を与えてしまいます。
 というのも、ストレス時に体内に放出されるストレス物質が、
ホルモンバランスを狂わせてニキビができやすい肌にしてしまうからです。
 自分にとってのストレス発散方法を知っておくと、ニキビの治りも早いようですね。

残さない

ニキビの治し方で一番気を付けたいのは、ニキビ跡を残さないということではないでしょうか。
ニキビが治っても跡が残ってしまうと、かなり厄介なトラブルになってしまいます。
跡を残さないためには、繰り返さないことが大切です。

同じところに何度もニキビができると、肌のダメージを修復できずに
シミやクレーターになって残る可能性が高くなるのです。
そこで、最初に戻ってしまいますが、ニキビを繰り返さないためには、
予防がポイントになるということを、お分かり頂けたと思います。